リ・ダーマラボ モイストゲルプラスは、保湿を超える自活保水力で自ら潤いを育み蓄える肌へ導くモンドセレクション受賞のオールインワンゲルです。
モイストゲルはバリア機能を高めるため、セラミドを「ナノ化」した「天然ヒト型セラミド」と「ヒト型セラミドコンプレックス」を高配合しています。
さらにヒアルロン酸やアミノ酸、スクワランをプラス。
繰り返す肌荒れや、乾燥を防いで、潤いを巡らせる大人のための保湿を実現します。
その他にもターンオーバーを整えるEGFやビタミンC、レチノール、植物ホルモンの一種カイネチンなど、大人のためのエイジングケア成分を贅沢に配合し、加齢のメカニズムに細胞レベルからアプローチします。

オールインワンゲル【リ・ダーマラボ】


セラミドとは?
セラミドは、もともと人の肌に存在し角質細胞と角質細胞とをつなぎとめる接着剤のような役割をし、その際に水分を抱え込む性質があります。
角質細胞と角質細胞の間には細胞間脂質があり、お肌の水分の80%以上は細胞間脂質でキープされています。
その細胞間脂質の50%を占める成分がセラミドです。
つまり、セラミドがお肌の保湿の40%を担っているのです。
若くて健康な肌にはセラミドがたっぷりと含まれていますが、加齢、気候や環境の変化、紫外線などによってセラミドの量は減少し、50代になると20代の半分程の量になります。
セラミドの量が減ると角質細胞が乱れ、水分が蒸発したり、刺激が皮膚に入りやすくなります。
肌の老化やアトピー性皮膚炎によって起こる肌のカサつき、肌荒れなどはセラミドのバランスが崩れていることが確認されています。
セラミドには、水分を逃さず潤いを保つ「保湿機能」と、外部の刺激から守る「バリア機能」があるのです。
セラミドには、主に「植物セラミド」「合成セラミド(ヒト型セラミド)」「天然ヒト型セラミド」があります。 
ちなみに、多くの化粧品は人工的に作られた「合成セラミド(ヒト型セラミド)」が主流です。
「天然ヒト型セラミド」の保湿力は「合成セラミド(ヒト型セラミド)」の3倍、「植物セラミド」の15倍と圧倒的です。
肌のセラミドと同じ構造を持っているのはヒト型セラミドだけ。
その中でも、天然ヒト型セラミドは自然物を由来としています。
過剰な洗顔や、クレンジングでもセラミドは失われてしまいます。
通常、セラミドを肌につけてもその部分を洗顔料などで洗ってしまえばセラミドは流れてしまうのですが、天然ヒト型セラミドは肌にしっかりと浸透・定着しているため、洗っても流れないで残り続け、継続して利用する事で徐々に肌のセラミド量を増やしていく事ができるそうなのです。
モイストゲルプラスではバリア機能を高めるため、セラミドを「ナノ化」した「天然ヒト型セラミド」と「ヒト型セラミドコンプレックス」を高配合しています。

ヒアルロン酸とは?
ヒアルロン酸とはもともと人の体内に存在する成分で、ムコ多糖類(ねばねばした物質)の一つです。
ヒアルロン酸は、特に水分を保持する能力(保水力)にすぐれた物質で、非常にたくさんの水を蓄えると言われています。保水力はヒアルロン酸自身の重量の約6000倍(1gで水6リットル)といわれています。
人体の約60%は水分から構成されていますので、ヒアルロン酸が、いかに私たちになくてはならない大切な存在であるかがわかります。
ヒアルロン酸は細胞と細胞との間に多く存在しており、水分の保水力保持やクッションのような役割で細胞を守っているのです。
しかし、ヒアルロン酸は加齢とともに減っていきます。
肌の真皮は、コラーゲンと弾力線維のエラスチンおよび保水機能を持つムコ多糖類が構成しています。
ヒアルロン酸はこのムコ多糖類の一種ですが、ムコ多糖類は水分を保水する力があることで、肌のぷるぷるとした弾力性やみずみずしさを保つ働きを行います。
加齢などで体のヒアルロン酸が減少し保水力が低下すると、肌のハリといった弾力性が失われ、必然的に保水量も減少しますから、肌のハリもなく衰え、シワやたるみが目立ってきます。
また、ヒアルロン酸は天然の保湿成分としての働き以外に、セラミドなどの細胞間脂質と協力して肌の機能を維持する働きも見込まれており、肌にとても必要な成分であるといえます。

スクワランとは?
スクワランは、もともと皮脂の中にあるうるおい成分です。
汗や水分と混じり合い、天然のクリームともいわれる皮脂膜となって乾燥や紫外線から肌を守っています。
スクワランは、哺乳類、植物などが持っているスクワレンという成分で、哺乳類の場合は深海鮫の肝油から(動物性タイプ)、植物の場合はオリーブオイルやベニバナオイルなどから(植物性タイプ)それぞれ抽出します。
抽出したスクワレンから不純物を取り除き、水素を添加して加工したものがスクワランになります。
もともと人間の体にある成分なので異物として認識されにくいため、肌にとてもなじみやすく刺激もほとんどないのが大きな特徴です。
そのため、乾燥肌や敏感肌、脂性肌など、どんな肌質の人でもOKで、尚且つ、子どもからお年寄りまで幅広い年齢層で使えるのがポイントです。しかし、肌のスクワランは30代頃から激減します。
うるおいが不足すると小ジワや乾燥などの肌トラブルの原因になってしまいます。
不足するスクワランを補って、肌本来のうるおいを守ることが大切です。

カイネチンとは?
カイネチンは植物ホルモンの一種で、芽や葉の成長を促したり(細胞分裂促進作用)、植物細胞の老化を抑制する(抗老化作用・抗酸化作用)などの効果があります。
人の皮膚に対しては、コラーゲンやエラスチンなどの線維芽細胞に働きかけて肌の弾力を回復させたり、真皮の細胞の寿命を延ばすなど、シミ・シワ・たるみなどの肌の老化に対し優れた効果を発揮します。
ご存知ない方も多い成分かもしれませんが、
アンチエイジングの注目成分です!

オールインワンゲル【リ・ダーマラボ】

<全成分>
水・グリセリン・BG・ダマスクバラ花水・DPG・1,2-ヘキサンジオール・ラフィノース・スクワラン・ベタイン・セレブロシド・セラミドNG・セラミドAP・セラミドAS・セラミドNP・セラミドEOP・ヒアルロン酸Na・加水分解ヒアルロン酸・アセチルヒアルロン酸Na・タウリン・リシンHCl・グルタミン酸・グリシン・ロイシン・ヒスチジンHCl・セリン・バリン・アスパラギン酸Na・トレオニン・アラニン・イソロイシン・アラントイン・フェニルアラニン・アルギニン・プロリン・チロシン・イノシン酸2Na・グアニル酸2Na・オリゴペプチド-34・オリゴペプチド-24・オリゴペプチド-20・アセチルデカペプチド-3・デキストラン・カプロオイルテトラペプチド-3・キネチン・ユビキノン・トコフェロール・リン酸アスコルビルMg・テトラヘキシルデカン酸アスコルビル・グリシン亜鉛・パルミチン酸レチノール・カルボマー・グリコシルトレハロース・水酸化K・加水分解水添デンプン・ペンチレングリコール・グリチルリチン酸2K・水添レシチン・キサンタンガム・フィトステロールズ・ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)・イザヨイバラエキス・ベニバナ花エキス・ピリドキシンHCl・コーン油・酢酸トコフェロール・ゲンチアナ根茎/根エキス

リ・ダーマラボ モイストゲルプラスは美容皮膚科医監修のドクターズコスメで、敏感肌の方も安心して使える7つの無添加処方。
※着色料、合成香料、鉱物油、石油系界面活性剤、エタノール、パラベン、紫外線吸収剤、無添加

酸化しにくいエアレスボトルを採用し、使いやすさにも、品質にもこだわっています。
ジャータイプは最後まで使いやすいことが魅力ですが、酸化や衛生面が気になります。
一般的なボトルタイプは取り扱いやすさや衛生面でメリットがありますが、酸化は防げませんし、ゲルがわずかに残りやすいです。
モイストゲルプラスは空気に触れない(エアレス)ボトルで、最後まで安心して使えます!

モイストゲルの口コミでは保湿力や肌荒れが改善したという意見もありますが、モロモロが出てしまうという意見もありました。モロモロが出る原因としては使用量が多すぎたり、使用後すぐに他の化粧品を重ねてしまうことがあげられます。使い方に注意をすれば改善したという意見がありますので、2点に気を付けて使いたいですね。

初回半額のお試しコースなら豪華サンプルセットプレゼント、全額返金保証付き!
モイストゲルプラス購入はこちら!
オールインワンゲル【リ・ダーマラボ】